網膜症 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の網膜症治療についてお話いたします。

網膜色素変性症の新しい治療法

網膜色素変性症という難病があります。

成人で視力を失って盲学校に入ってくる方のほとんどが、この疾患と聞いたことがあります。

その方たちが鍼灸資格を勉強する時、一番障害になるのが点字を読めないことだそうです。

過去にこの治療で唯一成果が上がったのは、静岡県に住む方が中国に行って治療成果が出たことだけです。

しかしその治療の中身を読んでみると、決してこれという確信があって行ったものではなく、手元にある治療技術をすべて使って得られたものだということが分かります。

鍼は持病の糖尿病治療で決して目の治療を目的とした物ではなかったようです。

漢方薬を日本では考えられないほど飲まされ、生煮えの魚料理を食べさせられかなりの期間蹴り状態だったそうです。

さらにマッサージ療法や、気功をさせられもしたそうです。

しかし何はともあれそのことによって、失われた網膜が再生されたということです。

難病で手がないという現在、これは奇跡といえるかもしれませんが、それ以後このような治療が成果を挙げたという声は聞きません。

さて最近網膜色素変性症の患者さんように、作成したサウンド・アキュパンクチャが効果を出しているようなのです。

今まで何回か改良を加えてきたのですが、当初は少し良い効果が出たかなというのも、一時のことが繰り返されました。

ところが今回のものは、目のメカニズムを見直し、いかにして視神経や網膜をよみがえらせるかを考え抜いたものです。

解剖学的な検討はもちろんですが、治療に関しては東洋医学的なことだけではなく、アメリカのカイロプラックティックからもインスパイヤーされた治療を考えました。

その成果が出たようなのです。

高麗手指鍼治療にもこの成果をいかに出すか、従来からもそこそこの成果を挙げていたわけですが、それを以下に発展できるか。

研究は煮詰まってきており、こちらでも更なる高い評価を出せると思っています。