網膜症 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の網膜症治療についてお話いたします。

網膜色素変性症治療 9月15日

 人工透析をされているので、今日は顔が黒くなっています。

黒は腎臓の色と東洋医学では定められています。

たどんと言っても今の若い方はわからないでしょうが、灰色の黒ずんだ色、ねずみ色と表現するような、どんよりとした冬の日本海の空の色のようです。

網膜色素変性治療用サウンド アキュパンクチャを聞いたあとは、視野も広がりますし白内障気味で、景色がぼんやりしているのもスッキリとします。

鍼治療後も同じような効果が出ますが、こちらは毎日治療というわけにも行きません。

網膜色素変性症が発症するきっかけはまだ不明とされています。

今流行りのiPS細胞で再生という記事が載っています。

しかし発症原因が分からなければ、再生医療を繰り返すことになります。

まだ推測ですが私が行っている治療や、サウンド アキュパンクチャで効果が出ているのを考えると、血流が阻害されることで起こった病気でないことが理解されます。

人間を作った創造主の妙といいますか、その精緻に作った人間のあまりに複雑なあまり、破綻が起こったゆえの結果ではないかと考えるのです。

壊れたらそこを修復、とりあえず埋め合わせときゃいいやという、西洋医学の限界かもしれません。

もし私のこの解決法が正解なら、創造主が残していった謎がまた一つ解けたのかもしれません。

ぜひそうなって欲しいものです。

網膜色素変性症治療 9月15日

 人工透析をされているので、今日は顔が黒くなっています。

黒は腎臓の色と東洋医学では定められています。

たどんと言っても今の若い方はわからないでしょうが、灰色の黒ずんだ色、ねずみ色と表現するような、どんよりとした冬の日本海の空の色のようです。

網膜色素変性治療用サウンド アキュパンクチャを聞いたあとは、視野も広がりますし白内障気味で、景色がぼんやりしているのもスッキリとします。

鍼治療後も同じような効果が出ますが、こちらは毎日治療というわけにも行きません。

網膜色素変性症が発症するきっかけはまだ不明とされています。

今流行りのiPS細胞で再生という記事が載っています。

しかし発症原因が分からなければ、再生医療を繰り返すことになります。

まだ推測ですが私が行っている治療や、サウンド アキュパンクチャで効果が出ているのを考えると、血流が阻害されることで起こった病気でないことが理解されます。

人間を作った創造主の妙といいますか、その精緻に作った人間のあまりに複雑なあまり、破綻が起こったゆえの結果ではないかと考えるのです。

壊れたらそこを修復、とりあえず埋め合わせときゃいいやという、西洋医学の限界かもしれません。

もし私のこの解決法が正解なら、創造主が残していった謎がまた一つ解けたのかもしれません。

ぜひそうなって欲しいものです。

網膜色素変性症治療

 患者さんは人工透析も行っています。

網膜色素変性症の鍼治療の他に、サウンド・アキュパンクチャも聞いていただいております。

人工透析はご存知のとおりこれを行わないと命に関わるのですが、透析治療をすると相当体にはダメージがあります。

上記の2つの治療を行った直後は、視野も広がり見えやすくなります。

しかし透析直後は見えにくくなる、これの繰り返しの状態です。

これからどのようになっていくかは経過を見ていかないとわかりません。

しかし前回治療にこられたときにおっしゃったのは「今年の夏は汗を大量にかくようになりました。以前は全くなかったのですが」ということです。

これは体の排泄機能が正常になってきたということです。

よくお相撲さんが吹き出物ができると体調がよく、勝てる場所になると言われています。

体は病気などで弱っていると吹き出物はおろか、何も症状はでなくなります。

それが少しよくなってくると、吹き出物や排泄作用が活発になってきます。

さらに体調が良くなれば、吹き出物がでなくて済むぐらい排泄作用が良くなるのです。

夏は暑く体温の上昇があり、それを正常に保つため我々のホメオスタシスは、汗をかいてその気化熱で体温を一定に保っています。

また東洋医学的に考えると、汗が出ないのは体に冷えがあるので出ないと考えます。

汗が出るのは皮膚の下に溜まっている水を、体の中の熱と外から加わった熱とで、したから蒸し上げた結果出るものである。

つまり冷えがある方は、汗をかくことはないのです。

この冷えというのは、血行不良または血流障害とも置き換えることができます。

まず体調が戻ってきたので、本来の網膜色素変性症がどの程度まで回復するか、挑戦であり治療家としては楽しみでもあります。

網膜色素変性症の新しい治療法

網膜色素変性症という難病があります。

成人で視力を失って盲学校に入ってくる方のほとんどが、この疾患と聞いたことがあります。

その方たちが鍼灸資格を勉強する時、一番障害になるのが点字を読めないことだそうです。

過去にこの治療で唯一成果が上がったのは、静岡県に住む方が中国に行って治療成果が出たことだけです。

しかしその治療の中身を読んでみると、決してこれという確信があって行ったものではなく、手元にある治療技術をすべて使って得られたものだということが分かります。

鍼は持病の糖尿病治療で決して目の治療を目的とした物ではなかったようです。

漢方薬を日本では考えられないほど飲まされ、生煮えの魚料理を食べさせられかなりの期間蹴り状態だったそうです。

さらにマッサージ療法や、気功をさせられもしたそうです。

しかし何はともあれそのことによって、失われた網膜が再生されたということです。

難病で手がないという現在、これは奇跡といえるかもしれませんが、それ以後このような治療が成果を挙げたという声は聞きません。

さて最近網膜色素変性症の患者さんように、作成したサウンド・アキュパンクチャが効果を出しているようなのです。

今まで何回か改良を加えてきたのですが、当初は少し良い効果が出たかなというのも、一時のことが繰り返されました。

ところが今回のものは、目のメカニズムを見直し、いかにして視神経や網膜をよみがえらせるかを考え抜いたものです。

解剖学的な検討はもちろんですが、治療に関しては東洋医学的なことだけではなく、アメリカのカイロプラックティックからもインスパイヤーされた治療を考えました。

その成果が出たようなのです。

高麗手指鍼治療にもこの成果をいかに出すか、従来からもそこそこの成果を挙げていたわけですが、それを以下に発展できるか。

研究は煮詰まってきており、こちらでも更なる高い評価を出せると思っています。